吃音症 どもり

どもりを出にくくしましょう!

ここでは、『どもりを出にくくしましょう!』
というテーマについて、見ていきましょう。

吃音症の人は、誰しもが、下記のように思う
でしょう。
『どうすれば、どもりが出にくくなるんだろう?』

吃音症の度合いにもよりますが、完治を目指す
とすれば、病院等での専門的な治療や
トレーニングが必要になるでしょう。

普段から気をつける方法などでは、深呼吸を
して、気持ちを落ち着かせることや、どもりが
恥ずかしいという思いを取り払うことも大切です。

話す時は、早口にならないように、息継ぎを
意識しながら、ゆっくりと話してみる。
それだけでも、少し改善されるでしょう。

吃音症の人の多くは、焦って早く喋ろうとする
傾向がありますから、まずは、。ゆっくり
ゆっくりを心掛けてみましょう。

自分一人で克服するのは、不可能ではありません
が、どなたか指導をしてくれる人がいると、
どういう点がマイナス要素になっているか?と
指摘してくれますから、話し方教室の利用や
複数人でのトレーニングは、おすすめです。
(もちろん、時間や費用の問題がありますが)

教室などでは 同じように吃音症の悩みを持つ
人も多く集まりますし、お互いに意見交換が
できたり、お友達も出来るかもしれません。

そして、『自分一人だけが悩んでいるのではない』
ということが分かり、どもりに対して前向きに
なることが出来るでしょう。

仲良くなれば、日頃どのようなトレーニングを
しているか尋ねたりして、情報交換が出来る
ようになると良いですね。