吃音症 検査

吃音症の検査について

ここでは、『吃音症の検査について』
というテーマで、見ていきましょう。

様々な病気において、個人に合わせた治療
などを行うように、吃音症においても、
同じことが言えます。

治療をするためには、その人その人が
『どのような吃音症であるか?』について
詳しく調べる必要があります。

そのためには、検査が必要になるのですが
例えば、発音や言語の検査であったり、
場合によっては、脳のMRI検査もする
こともあります。

様々な観点から検査をすることで、正しい
治療やトレーニングに取り組まなければ、
病状の悪化を引き起こしたり、仮に治った
としても、再発してしまうでしょう。

検査といっても、病院には多くの診療科が
ありますから、自分自身では、どこで検査
を行えば良いのか、決めることが難しいで
しょう。

吃音症は、精神的、心理的なことが原因で
発病することが多いですから、まずは
精神科、心療内科などで相談してみると
良いでしょう。

また、子供の場合は、環境による要因や
聴覚的なことが原因で発症することも多い
ですから、その場合は、耳鼻科を受診される
と良いでしょう。

身近な絵本や文章を読んでもらって、症状
をみる方法などが多いでしょう。

また、西洋医学の治療では、言語療法、
呼吸法、聴覚療法、行動療法、心理療法、
認知行動療法、系統的脱感作療法的訓練、
バルサルバ反射抑制法など、本当に様々な
検査の方法があるのです。