吃音症とは?

吃音症とは?

ここでは、吃音症がどのようなものか、見ていきましょう。

言葉が連続して発せられたり(例えば、「わわわ私は」)
一時的に無音状態が続いてしまう(例えば、「。。。。私は」)
ような、言葉が詰まってしまい、円滑に話せない疾病のことです。
ちなみに、非吃音者が早口で話す時に、突っかかってしまう
こととは異なります。

現在、吃音者と言われる人の割合については、
下記のようなデータがあります。

●大人:0.8~1.2%
●学校に通っている年齢の子供:約1.2%
●5歳までの子供:約5%

上記データを見ても分かるように、吃音症というのは、
子供や幼児のように、話し始めるようになってからまもない
小さい子供たちに多い症状です。

小さい子供は、発達途上で、左右の脳の機能の分化が十分に
進んでおらず、そのことが原因で、幼児までの子供たちに
吃音症が多いと言われています。

逆に言えば、幼少期の吃音症というのは、大人になってから
治療をすることに比べれば、治りやすいということです。

しかし、やがて小学校に通うようになっても治らない場合、
子供たちは、学校でひやかされたり、からかわれたりして、
周囲の目を次第に気にするようになります。

そのことにより、自分自身で意識することにより
どもりが定着することになってしまい、より
治りにくくなってしまうという悪循環に陥って
しまいます。

そうすると、どもりを気にして人前で話すことや、
人とコミュニケーションをとることに、苦痛を感じるように
なります。
場合によっては、うつ病や対人恐怖症、引きこもりなどの
二次症状に繋がることもあります。

上記の通り、吃音症は、本人が自覚して気にするようになると
より治りにくくなってしまいます。
ですから、もしお子さんのどもりのことで悩んでおられるなら、
本人の気にするようになる前の幼少期に、早めに手を打って
おかれることが賢明です。

大人になってから治療することに比べれば、はるかに簡単に
改善することが出来るでしょう。

もし、お子さんに吃音症の症状がみられるならば、
当サイトでご紹介する治療法・改善法も参考にされながら、
早めに改善されることをお薦め致します。