吃音症 子供

子供の吃音症について

ここでは、子供の吃音症について、見ていきましょう。

小学校に通うようになった頃の吃音症は、
幼児の時期と比べると、治りにくい傾向が
あると言われています。

なぜ、幼児の時期に比べると、治りにくく
なってしまうのでしょうか?

学校に通うようになると、当然、学校の内外で、同年代の
子供たちと接したり、遊んだりする機会が増えます。
その中で、他の子供達からどもりのことを指摘されたり、
そのことをからかわれたりするようになります。
その仮定で、子供が自分が吃音症であることを強く自覚する
ようになります。

大抵の場合、子供は自分がどもってしまうことを
『格好悪い、恥ずかしい』とコンプレックスに思うようになり
心に傷を負ってしまうことになります。
その結果、子供がより強くどもりであることを意識するように
なり、そのことで、さらに定着し、より治りにくくなってしまう
という悪循環に陥ってしまいます。

吃音症であることをコンプレックスに思うように
なると、楽しいはずの学校に行くことが辛くなり、
心に深い傷を負ってしまいます。

ですから、遅くとも、小学校に行くまでに治して
しまうのが、賢明と言えます。

子供のどもりが、いつまでも治るような気配がなければ、
1つの解決法として、言語療法士に相談するという方法が
あります。
言語療法士は、子供が吃音症になっている原因や解決法を
アドバイスしてくださるでしょう。
もちろん、言語療法士が必ず解決してくれるというわけでは
ありません。

子供の場合は、幼児に比べると治りにくいですが、
大人に比べると、ちょっとしたきっかけで良くなることも
ありますので、親御さんをはじめ、周りの大人達が、焦らず、
暖かく、愛情を持って、見守ってあげましょう。