吃音症 呼吸法

呼吸法で改善する!

こちらも、吃音治療法の1つである『呼吸法』について、
見ていきましょう。

吃音症、対人恐怖症、赤面症などで悩まれる方の
中には呼吸の浅い方が多い傾向があります。

呼吸が浅いと、横隔膜が吊り上ってきてしまい
どもりやすくなると言われています。

呼吸の浅いことが原因でどもりの症状が出やすくなる
のですが、これを改善するにはどうすれば良いので
しょうか?

ここで、どもりの症状を和らげるために、腹式呼吸を
お勧めします。

腹式呼吸はご存知の方もいらっしゃると思いますが、
息を吐くときにお腹を引っ込め、吸うときにお腹を膨らます
という方法です。

よく話し方教室などに行くと、この呼吸法を指導されますし、
アナウンサーの多くの方も、この腹式呼吸をマスターされて
います。

この呼吸法を使うことによって、浅い呼吸を改善し
深い呼吸ができるようになります。
深い呼吸をすることにより、どもりの症状が
改善されたり、その症状が分かりにくくなったり
します。

この腹式呼吸も、人によって合う合わないがあるでしょう。
誰にでも効果があるとは言えませんが、一度取り組んでみる
価値はあります。

腹式呼吸を取り入れることによって、あなたの吃音症が
改善されることをお祈り致します。