吃音症 仕事

仕事時の対応について

ここでは、『仕事時の対応について』という
テーマで、見ていきましょう。

吃音症の人が、仕事をされる際には
いろいろと障害や問題点が出てくる
可能性がありますよね。

社会に出て、普通に仕事をするとなれば
やはり周囲の人との会話は、不可欠な
ものになります。

上司であったり、部下であったり、
取引先の人やお客さんを始め、電話応対
もあるかもしれませんよね。

特に、来客への対応や、電話などでは
上手く話そうと緊張してしまい、今まで
以上に、吃音症が酷くなるというケース
も見られます。

例えば、製造業のように、あまりお客様
との直接会話がないような仕事であれば
仕事中は、特に、どもってしまうことが
気になることは少ないでしょう。

しかし、仕事というのは、どうしても話す
ことは必要になりますから、日頃から話す
ことのトレーニングなどを行い、少しでも
治療を進めていくことが必要でしょう。

そうなると、仕事とトレーニングを同時に
行う必要がありますから、精神的にも大変
だと思いますが、業務をスムーズに行う
ために、ある程度の努力は必要になると
いうことを心得ておきましょう。

また、職場の人たちも、吃音症の人への
理解を持って頂き、話し方やどもりのこと
を見下したり、偉そうな態度で責めること
は、絶対に控えましょう。

職場のみんなで、お互いを理解しあい
吃音症の人も、安心して仕事が出来る
ような環境を作ることが、大切なのです。