吃音症 幼児

幼児の吃音症について

ここでは、幼児の吃音症について、見ていきたいと
思います。
もし、お子さんに、どもりの症状が見られるようであれば、
親御さんは大変心配されると思います。

幼児の吃音症は、2歳で発生することが多く、
幼児全体(2歳~5歳)の約5%程度とみられて
います。

主に考えられる原因として、脳の機能の分化がまだ
不十分である点や、育った環境などがあげられます。
この幼児の時期の吃音は、成長していくにつれて治る
可能性も高く(約80%程度は、自然に治るという
データもあります)さほど気にする必要はありません。

ただ、ご両親をはじめとした、周囲の大人が、
子供の吃音を心配し過ぎてしまい、間違った対応を
とってしまうと(『どもったりするんじゃない』と
強く注意したりすること)症状を悪化させ、吃音症を
固定化してしまうことに繋がります。
ですから、周りの大人が、温かく見守ってあげましょう。

この頃の子供は、まだ、話し始めて間がない頃で、
おしゃべりをすることが楽しくて仕方ないのです。
ですから、焦ってしゃべろうとしてしまい、どもってしまったり、
言い間違えたりすることも、よくあります。

そのような場合、心配しすぎたり、子供のための
しつけだと思い、吃音のことを指摘して注意したり、
無理に言い直しをさせたりする必要はありません。

子供のペースで、ゆっくり優しく話しかけてあげる
よう心がけたり、子供が言いたいことが言えるまで、
待ってあげましょう。
そして、子供がうまく言えない時は、ゆっくり繰り返して
あげましょう。

この時期の子供の吃音は、こうした簡単な指導で
改善されることが、よくあります。

子供に吃音症のような症状がみられても、周りの大人が
過剰に心配したりしないようにしましょう。

子供にとって、話すことがストレスになってしまうことが
一番良くありません。
子供が話すことをストレスに感じるようになると、吃音症
になってしまう可能性が高くなります。

子供にとっては話すことが楽しくて仕方ない時期なので、
それを大人は、優しく愛情を持って、見守ってあげましょう。